施主様の声

施主様の声をご紹介します

空気環境

砺波市S様邸

安心して暮らせる、きれいな空気がここにあります。

築100年の家に住まわれていたS様ご家族。増築を繰り返してきたことで配線が複雑に絡まり、ネットが使えず、漏電の心配もあったことから、ご主人は建て替えを決意されました。

ご主人の最大の条件は、WB工法で建てること。その理由について、ご主人は「勤務先などで健康にいい住まいだと話題になっていました。自分でも調べてみたところ、高気密・高断熱を大切にしながらも、家が長持ちし、健康に暮らせる工法だということが分かったからです」と話します。

周りの評判と情報に加え、ご主人の決断を後押ししたのが、長野県にある体験ハウスでの宿泊体験でした。「寒い冬に訪れましたが、温かくて快適でしたね。実験棟の比較実験で、より納得することができました」と振り返ります。

こうして家づくりは、WB工法ありきでスタート。建設を今回の加盟店に依頼されたのは、WB工法を採用していることに加え、周囲からの評判が大変良かったことが決め手でした。

平成24年にS様邸が完成。現在も、「毎日をフレッシュな空気の中で暮らしているような感覚です。冬はほんわかと温かく、空気の違いを感じますね。WB工法はやや割高だと思いますが、実際に住んでみて割高をカバーするほどのメリットがあると思いました」と微笑むご主人。今日もお父様の絵が飾られたリビングでゆったりと読書をしながら、WB工法の良さを実感されていることでしょう。

オーナー様からひとことアドバイス

ご家族で暮らされる住まいを長い目で見た時には、やはり健康に留意した工法を選んだ方がいいと思います。特に空気は大事ですね。毎日の安心感が全然違いますよ。